更新日
11月17日  11月例会(母袋烏帽子岳)報告
11月18日  12月例会(寂光院/継鹿尾山)案内
松が丘パソコンのトップページへ
アウトドア活動について                     
   目的  会員の健康維持と親睦を図るため、グループで近郊の低山歩き等をおこなう
  月例会  年間計画に基づき、原則第二火曜日に実施
  火曜会   月例会の訓練等を兼ねて、毎週火曜日に近くの里山を歩く
  ハイキング大会  誰でも参加できる春と秋の月例会
  特別山行  有志のみで夏場等に遠方の山を歩く
これまでの記録
            
16年度  17年度  18年度   19年度  20年度 21年度   22年度  23年度 24年度  25年度  
26年度  27年度  28年度  29年度 30年度 令和1年度  令和2年度  令和3年度    

令和4年度年間山行計画案
行先 行先 行先
4月 納古山 9月 令和5年2月
5月 簗谷山 10月 令和5年3月
6月 入笠山 11月 ハイキング(春)
7月 乗鞍岳 12月 ハイキング(秋)
8月 伊吹山・醒ケ井 令和5年1月

  令和4年度月例会の予告と記録    
237回
寂光院
/
継鹿尾山

行   先 寂光院/継鹿尾山・・・紅葉狩登山
ひばりヶ丘公園—継鹿尾山—寂光院—継鹿尾山—ひばりヶ丘公園 (帰路 継鹿尾山にて忘年パーティの予定)
日   程 12月6日
集合場所
清水谷駐車場  AM8:30
費   用 300円
申し込み  ⇒⇒⇒⇒⇒  nagira772@yahoo.co.jp    アドレスをコピーして、YAHOOメールで申し込んでください
締 切  日 11月29日
当   番 酒井 ・ 柳楽 ・ 平田
 236回
母袋烏帽子岳
 236回  11月15日(火)晴れ 母袋烏帽子岳 1,341m 14名参加
 7:00  おがせ駐車場出発 往路:東海北陸自動車道  
 大和町の川沿いの道路は「ワーきれい!!」紅葉真っ盛り。
 8:30  母袋温泉駐車場着 登山開始 ヒノキの根っこ道を尾根に上がり「お助け水」を飲んだら、急登が  出てきます。
 9:30  林道分岐点着 山頂まで「60分」の標識、さらに登り空も明るくなり白樺やブナの木々、 目の前に頂上が見えてきました、そこから少  し下り最後の登りです。
10:45  山頂着  紅葉はすでに終盤でしたが、風もなく、小汗をかいた体に心地良い気温です。
 御嶽山、乗鞍岳も顔を出してくれました。
 山頂が見えたところまで戻り、風もなく快晴の下、ゆっくりランチタイム
11:50  下山開始 途中から林道へ、なだらかで広い道を下り、アケボノソウと出会い、
13:30  母袋温泉駐車場着  近くの母袋豆腐店によりお買物
15:40  おがせ駐車場に無事到着 安全運転ありがとうございました。
 歩行距離:11km 歩行時間:約5時間(休憩含) 累積高低差:540m  歩数:17,000歩
 
                幹事:阿部 藤田 辻(か
 母袋温泉  アケボノソウ  紅葉  登山 全員
235回
関ケ原古戦場
巡り
  10月25日(火) 晴れ 関ケ原古戦場巡り  11名参加

 各自JR関ヶ原駅に集合した。(9:25)

 古戦場記念館では巨大スクリーンと大迫力の音響により戦国体験した。(1000

 (1100 ボランティアガイドの案内で西軍コース笹尾山、石田三成陣跡から一巡が始まった。ガイドさんのわかりやすい説明
    に   納得し 422年前の歴史の舞台を歩いていることに感慨深い思いに浸りました。

 史跡関ケ原古戦場開戦地裏の休耕田に咲いたフジバカマの花に「チョウ」のアサギマダラが数十匹飛びかい、それを見れたのも
  楽しい  ひと時でした。関ケ原1551分発のJRで帰路につく。疲れましたが楽しい一日でした。

 今回の古戦場巡りは約6時間の歩行で16000歩でした。 

 行程:JR関ケ原駅―関ケ原古戦場記念館―笹尾山石田三成陣跡(昼食)島津義弘陣跡-小西行長陣跡―宇喜多秀家陣跡-
 大谷義綱陣跡―松尾山が見える展望台―旧中山道-不破の関跡-福島正則陣跡-藤堂高虎陣跡―JR関ヶ原


 幹事 : 野口 ・ 山下 ・ 辻(寿)

関ケ原駅 笹尾山に向かって歩く ガイドさんの説明(写真の上にカーソル) 一面ススキ
全員 笹尾山  陣跡で昼食と  全員で   アサギマダラ
234回
見行山
 
9月例会は、残念ながら台風により中止になりました。
233回
伊吹山
醒ケ井
8月例会は、残念ながら都合により中止になりました。
232回
乗鞍岳
7月例会乗鞍岳は天候不順の為中止になりました。
231回
入笠山
            6月7日(火)晴れ 長野県諏訪郡 12名参加 長良観光バス使用
10:00 中央道諏訪南ICで降り、沢入登山口(1,452m)へ到着。準備運動をして登山開始。爽やかな心地よい風が吹く林の中を歩いていると賑やかに鳴く「ハルゼミ」の大合唱。
セミなのに春に鳴く変わり者です。高い木の上で鳴いているので姿は見えませんが私たちを鼓舞してくれているようです。
登山道にはベニバナイチヤクソウ、クリンソウ、マイズルソウ、チゴユリ、アマドコロ、ヘビイチゴ等きれいな可愛い花々が歓迎してくれます。

12:30 入笠山山頂到着。
八ヶ岳の頂には少し雲がかかっていますが、南アルプス等 360°大パノラマが広がっています。昼食後、すずらんに会いに入笠湿原へ、可憐に咲いていますが、満開には1週間位早かったようです。その後、幻の花「釜無ホテイアツモリソウ」に会いに行く予定でしたが、「タイムオーバー」で 無理、前回は会えたのに残念(歳のせいなのか?)。

15:00 沢入登山口へ戻る。

18:40 おがせ池駐車場到着、解散。

           歩行距離:約13km 歩行時間:約5時間 高低差:約500m
           幹  事:野口、柳楽、辻(ゕ)
クリンソウ群生 湿原散策 頂上目指して 山頂から八ヶ岳が
入笠湿原にて全員 頂上にて全員

230回
簗谷山
       
 ヤマシャク  クマガイソウ 御嶽山・乗鞍岳  山頂
     槍ヶ岳・穂高連峰  女子会
  簗谷山(1213m) 5月10日(火)晴れ 12名参加(11名+会員外1名)
7:00 苧ケ瀬池集合
7:05 シロヤシオ、クマガイソウ,山シャクヤクの花たちに出会えることを楽しみに、3台の車に分乗し出かけた。
8:30 金山道の駅で休憩し、金山ダム沿いの長くて狭い道も、新緑に目を奪われながらダム大橋を渡りさらに進む。
9:10 登山口到着(635m)すでに数台の車とグループ登山者にであう。
9:20 ブナの木ルートで登山開始。新緑なんと綺麗でしょう。
    登山道ではマムシ草や二人静の花が出迎えてくれ、途中3度の渡渉があったが無事通過。休憩を取りながら、木々の間から御嶽山が見え山頂が近いと思い頑張ってさらに登った。
11:15 山頂到着。雄大な御嶽山がドーンと見え、乗鞍岳,笠が岳,穂高岳などの山々を眺めながらの昼食は至福のひと時でした。
12:05 南尾根ルート下山開始。途中、岳見岩に寄り眼下に広がる新緑の森を楽しみました。
     登山道に戻り、目的のシロヤシオの花を見つけた。
13:10 小鹿の涙で休憩。可愛くて清楚な山シャクヤクも咲いて感激。
13:30 クマガイソウの群生地へ到着。沢山咲いていて今年も見ることができました。
14:20 登山口に到着。無事下山。ホッとした瞬間です。
15:10 金山道の駅休憩
15:50 平成道の駅休憩
16:40 苧ケ瀬池到着、解散。

お天気に恵まれ目的の花たちに出会え、充実し癒された山の一日でした。
長距離を安全運転して下さった仲間の方々には本当に感謝です。ありがとうございました。  
            幹事一同 
229回
納古山

   令和4年4月19日(火)晴れ 参加者10名
17日(日)朝の段階の天気予報で、天候不順、小雨とのことで、山行きを中止の連絡をした。が、その後晴天との予報の変更をうけ、急遽再開の意見をまとめ、10名で実施することにした。

 19日青空の下、おがせ池の駐車場を車2台で、8時出発した。ロックガーデンひちそうの道の駅で、一息入れ、納古山登山口へ。8時45分、中級コースを出発した。幸いに前日の雨の影響は、あまり感じなかった。いつもの天空の岩壁を通って、頂上へ向かう。標高630mのピーク直下の1年ぶりのアカヤシオの花に対面ができました。雪の御岳を眺めながら、昼食を楽しみました。
        幹事 : 稲垣 ・ 中川 ・ 辻(寿)
 
 アカヤシオ  山頂  一休み  山頂にて